2005年12月11日

横山ホットブラザーズの「♪ドドドソドソド♪」

横山ホットブラザーズの「♪ドドドソドソド♪」
 
 横山ホットブラザーズが好きである。
 昔、田舎のある小さな駅前の小さな古本屋に入ったことがある。
 そこでは店主の老夫婦がTVのお笑い番組を見て笑っていた。
 アコーディオンを弾いたり、とにかく賑やかな芸人だった。
 それが横山ホットブラザーズである。
 横山ホットブラザーズというと、あの時の古本屋で笑っていた老夫婦を思い出す。
 聞くだけで心がほころぶようなあの賑やかな芸風は、お子様から老人まで老若男女問わず笑える芸風である。
 そして私は横山ホットブラザーズにあこがれてアコーディオンを弾きたいと思っている。
 
 最近ちょっと気になって、横山ホットブラザーズの有名なギャグ
「お〜ま〜え〜は〜あ〜ほ〜か〜」
を音程でいうとどうなるのか、検索してみた。
  
「横山ホットブラザーズ」「おまえはあほか」「お前はアホか」
などのキーワードで検索してみるのだが、どうしても楽譜や音程の情報が出てこない。
 そしてやっとのことで、ある掲示板に
「ドドドソドソド」
の記述を発見することができた。
「ドドドソドソド」で逆検索してみると、この掲示板1つしか出てこない。
 何とインターネット情報数多しといえど、横山ホットブラザーズの「お〜ま〜え〜は〜あ〜ほ〜か〜」の音程情報を記したのはこの掲示板のみだったのである。
 インターネット唯一の情報をよく見つけ出したものである。
 
 折角見つけた情報であるが、実際に確認する手段はない。どうなんだろうか。

昭和名人芸~珍芸・奇芸・ビックリ芸~ 二日目

【!∞2005年逆転カレンダー∞!】
 2005年はあと何日かな? http://365plan.seesaa.net/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇「なぜ学のおもしろmono倶楽部」は、
 こだわりグッズの紹介&おもしろ発想法をつらつらと書き綴っております。
    http://yorodzu.seesaa.net/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   なぜ学.COM
    ……学問・名作文学・能力開発・催眠療法、etc……。
      森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考えるウェブサイト!
   なぜ学.COM 冒険記
    ……森羅万象・魑魅魍魎を楽しみ・考える「なぜ学.COM」の
      不定期連載コラムウェブログです。
   なぜ学電脳よろづ商店
    ……雇われ店長ですが、このモールを大きくしちゃるたい!
posted by 荒馬紹介 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホットプラザースの「オマエはアホかぁ〜」の楽譜を知りたくて検索するとこちらにたどり着きました。わずかしか舞台を見たことがありませんが、幸運にも兄弟の父君横山東六氏がまだご健在で、背中には大太鼓手にはたしか三味線、首からハーモニカをぶら下げて演奏し、最後は息子達にやりこめられて「おじゃましました」の決まり文句で後ろに下がる芸を、いま懐かしく思い出しました。ノコギリ音楽も一貫してその流れを汲んでいるのでしょうね。

ところで、この「オマエはアホか〜」を、いまほど、有権者、なかでも大阪の民に向かって言いたい気持ちが強まった時はありません。ハシシタ某の詭弁と恫喝が見抜けぬ浪速の民は、批判精神を完全に失ってしまったようで、なさけのうなりますわ。
Posted by 半畳亭 at 2019年06月13日 21:58
横山東六氏の「おじゃましました」は私は知りません。いいものを見られましたね。
ほんまに「オマエはアホか〜」の世の中になりました。
いじめやヘイトとお笑いは違うものです。
ところで、私は楽譜も読めないし楽器の演奏もできないので「ドドドソドソド」の真偽については分かりません。
Posted by 市井學人 at 2019年06月14日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「音曲漫才」は面白い
Excerpt: 「音曲漫才」は面白い  昼食時に職場の食堂TVがNHKの番組案内を放送していて、「上方演芸」の寄席芸特集の案内をしていた。    http://www.nhk.or.jp/osaka/guide/k..
Weblog: なぜ学.COM 冒険記
Tracked: 2006-07-22 20:50