2010年05月05日

今後旅行プランは方位学の知識が必要な時代に


 あなたの運は絶対によくなる!!
 日本初のアストロ風水開運書!!

  
「アストロ風水」とはあまり聞かない名称じゃ。
 わしはこの本の著者・丸井章夫師のメルマガで初めて知った。
 西洋占星術の一種で、誕生日時をもとに地球上に太陽や月や惑星のラインを引き、そのラインには幸運や色々な意味があるというもののようじゃ。
 あまり広まっていない方法のようで、検索してもあまり出てこない。
 あるサイトでは自分の家の中にもラインが引けるという、家相に近い方法としても使っている。
 ともかく本書はアストロ風水について書かれたおそらく日本で初めての本じゃ。
  
 第2章では一例として太陽ラインが掲載されている。
 これは、誕生日時が分かれば自分の太陽ラインが分かるという優れ物。
 太陽ラインは幸運のラインらしく、そこに行くとラッキーなことが起こるという。
 太陽ラインが日本を走っている方もいるようで、そんな方はツキに恵まれている。
 太陽ラインは4本あるんじゃが、残念ながらわしの太陽ラインは海上だったり簡単には行けんような秘境や治安の悪そうな国だったり、まるでわしの人生を象徴するようなラインじゃ。
 ラッキーラインは太陽だけじゃなく、他の惑星のラインも存在するようじゃから、それに期待するとしよう。直接鑑定してもらわんといかんのう。
  
※アマゾンキャンペーン特典で
「あなただけの運が良くなる場所 1か所教えます」
という特典があったので伺ったところ、
 水星ラインが「沖縄〜韓国ソウル」
を通っているとお教え頂いた。
 沖縄産の食品や水やグッズを意図的に生活に取り入れようと思う。
 鑑定ありがとうございます。いずれ本格的にマップも作成して頂くつもりじゃ。
  
 アストロ風水活用の効果は本書にも掲載されておるが、筆者が発行する有料や無料のメルマガでもよく紹介されており、その効果は以前からよおく承知している。
 今後旅行は方位も考慮して行う時代となり、旅行業界も方位術の知識を持った人材の登用が必要となるじゃろう。
……えっ、何かまずいこと言ったかのう。
 結婚や葬式や火葬場なんかでは大安・友引・仏滅などの「六曜」の迷信が幅をきかせており、官民一体となって迷信廃止を推進してようやく忘れられかけている時にまたそれと似たようなことを推進させるようなことを言うなと?
  
六曜
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E6%9B%9C
  
 確かに迷信は廃止していかねばならない。
 しかし迷信とは違う信じられることは普及していってもよいのでは?
 占いでも事業仕分けならぬ、“占い仕分け”が必要じゃ。
 どれを信じてどれを信じないか、そこのところは自己責任というところで。
 なら“天中殺”は仕分け対象か?
 方位学についても幾つか流派があるようじゃ。本書の参考文献でも一部挙げられてる?
  
 あと、日本は世界の雛型であるというような「日本雛型論」に則れば、日本国内だけで世界旅行ができるとか?なかなか魅力的で面白いテーマじゃが、あまりこの仮説を追究してくとやばい連中につながりそうで深くは追究しないことにしよう。
   
 閑話休題。
 いずれ丸井師には直接鑑定して頂くつもりじゃ。その時はよろしゅう頼みます。
   
 ↓丸井師が前回発行された本
成功と幸せを呼び込む手相力 
  http://yorodzu.seesaa.net/article/115949055.html
  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
ツイッターやっています。 https://twitter.com/aryamashoukai
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
  『三四郎』な人生論  http://sanshirou.seesaa.net/
 20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/  
posted by 荒馬紹介 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉方位旅行と併用したい!アストロ風水開運法
  http://iching.seesaa.net/article/458032619.html
↑TB代わりのコメントです。

Posted by 万年終末占い研究青年 at 2018年03月19日 06:45
OLDIES 三丁目のブログ
■[自己啓発]八百万のノートの神さま・手帳の神さま・日記の神さま
  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20180702/p1
↑TB代わりのコメントです。
Posted by 荒馬紹介 at 2018年07月02日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

木星の吉方位は少ないのですか?
Excerpt:   
Weblog: 易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編
Tracked: 2015-10-12 13:55