2012年11月06日

勝ちの手相 叶える気学

三楽舎プロダクション
発売日:2011-12-01


          
「手相本初!!
 気学を織り交ぜた人生に勝ち、願いを叶えるための指南書!!」
「これまでの手相本にはなかった気学とのコラボレーション」

         
……って、一体どんな本だ!?
               
 見開き2ページ単位で、左に手相の形、右に九星ごとのアドバイスが書かれるフォーマット。
 つまり、九星ごとの性格を想定して、手相の形ごとにアドバイスしている?
 この方法、他の色々な占術を組み合わせるのに使えそうではないでしょうか。
(方位の要素は考慮されていません。ということで、あくまでも手相主体の書です。)
              
 あと、手相の形を、島田秀平さんのように、キャッチーなネーミングで紹介しています。
              
「狙ったものは逃がしま線」
「情に溺れま線」
……等と、プロのお笑いの島田師ともいい勝負のネーミングもあります。
                  
 また、手の平の丘を、七福神で例えるのは秀逸なアイディアですね。
 日本ならではの例えです。
 この考え方、もっと広まってもいいのではないでしょうか。
(しかし、今の若い人は七福神を知らなかったりして?)
              
 あと、頭脳線の分類で、
「生命線の下から出る頭脳線(神経質線)」
の分類があるのがうれしい。
 実は私の頭脳線は、わずかですが生命線の下から出ているので気になるのです。
 この形の頭脳線について、書いていない本も多いのです。
 そんな流派の方は私の頭脳線について、「生命線とくっついている」と言うのですが、よく見ると生命線と交差して下から出ているのですが。
 まあ本書にも記されていますが、あまりいい線ではないので長所を重視する流派ではなかったことにしておく方が都合がいいのでしょうが。
(……とこんな風にネチネチと追求するのも神経質線ゆえでしょうか?)
 
                  
三楽舎プロダクション
発売日:2011-12-01

    
         
  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇「ありゃま商会 の回覧板」は、
 電脳店舗・ありゃま商会からのお知らせです。
    http://yorodzu.seesaa.net/
 
電脳よろづ商店・ありゃま http://www.emzshop.com/nazegaku/
 
 OLDIES 三丁目のブログ  http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/
 
【相互リンク】20世紀少年少女SFクラブ http://sfclub.sakura.ne.jp/
posted by 市井學人 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック