2007年04月04日

イーモールゼロと楽天

 ありゃま商会店長・荒馬紹介じゃ。
 わしは今までこのブログで、時々イーモールゼロについて書いてきた。
  http://yorodzu.seesaa.net/article/8859258.html
 無料で自分のネットショップを持つことができるのが魅力で、気になるアフィリエイトシステムだと思っていたからじゃ。
 しかし、その優れたシステムとは裏腹に、なぜか現実での実績はいまひとつ活発ではないのはなぜか、ということを書いてきたわけじゃが。
 
 本日知って驚いたんじゃが、イーモールゼロの店舗から、楽天コーナーと楽天ブックスへのリンクバナーが消えている。
 いつもはサイドのフレーム部分にあったはずなんじゃが。

 提携が打ち切られたんじゃろか、と思えば、
「お店」一覧ページの
「総合ショップ」デパート/ディスカウント/量販店...
カテゴリの中に「楽天市場コーナー」が残っておる。
 
 以前はあった楽天市場や楽天ブックスのリンクバナーが消えているのは、一時的な障害なんじゃろうか。
 とにかく今の状態では、楽天ブックスへのリンクが消えてしまっている。

 まあこの楽天へのリンクは、個別にアドレスで指定することができず、固定位置にバナーを表示させるだけで、しかも楽天市場の場合、楽天市場全てが対象ではなく、限られた50ほどの店のうち、最大10までしか提携が許されないという、非常に限定されたものじゃった。
 しかし楽天ブックスは大きな存在であり、参加店舗が少ないイーモールゼロではわずか10ばかりの楽天コーナーも貴重な存在であることには変わりない。

 本日バナーが見えないのは一時的な障害だと期待したいのであるが。
 しかしイーモールゼロは真剣にテコ入れしてくれないと、ますます「寂れた商店街」化していくで。
 
 それとイーモールゼロでもう一つ気になる点がある。
 わしの店舗
電脳よろづ商店・ありゃま
 http://www.emzshop.com/nazegaku
では、
月刊『頭で儲ける時代』
を店長のイチオシ商品に設定しておる。


月刊『頭で儲ける時代』(年間購読制・毎月28日/年12回配本)

 わしの店舗のトップページでは毎月、『頭で儲ける時代』の最新号が自動的に表示されることになっている。
 ところが現在4月4日午前1時前、既に4月号はとっくに発売されているのに、いまだに3月号が最新号として紹介されている。
 これも早急に4月号に表示を変えてほしいところである。

月刊『頭で儲ける時代』(年間購読制・毎月28日/年12回配本)

「会社勤めしながら副業で稼ぐ方法は?」
「独立して自宅で個人事業を始める方法は?」
「売り上げを伸ばす商売繁盛の極意は?」
……そんな「お金儲けに関するノウハウ」を毎月特集、読者発のビジネス生情報も満載して30年以上にわたり読み継がれている定期購読制の月刊ビジネス情報雑誌『頭で儲ける時代』
(年間購読/1万2000円=増刊号含め年12回以上配本)
で、あなたも儲けてみませんか?


  ★特集・イーモールゼロ(emall zero) 目次
  
  ★なぜ学電脳よろづ商店 新着開店店舗情報!
  
タグ:emallzero
posted by 荒馬紹介 at 00:54| Comment(8) | TrackBack(0) | catalog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イーモールゼロはもう稼働していませんね。
Posted by イーモールゼロストア at 2011年12月17日 10:26
 本当にそうですね。廃れた商店街どころか、廃墟・残骸といったところでしょうか。
 イーモールゼロを作った岩元貴久さんはネット上では著名人のようですが、今ではイーモールゼロのイも出さずに他の情報商材をアフィリエイトしているようです。
 しかしイーモールゼロというアイディア自体は、自分でネット上の店を持てるという画期的なアイディアだったと思うのですが、残念な結果に終わりましたね。
Posted by 荒馬紹介 at 2011年12月17日 12:30
イーモールゼロのアフィリエイトで収入を得るのは至難の業だと思います。
Posted by 麗羅 at 2012年09月05日 18:31
>至難の業だと思います。
  
本当にそうですね。もう、シャッター通りというより、廃墟・残骸ですね。何せもうイーモールゼロを作った岩元貴久さん自身がイーモールゼロを放置して他の商材のアフィリエイトをやってるくらいですから。自己アフィリしようにも、入ってる店が次から次へと閉店していって、「そして誰もいなくなった」状態です。
HPがなくてもできるというアイディアは良かったのです。
腹が立つのでこんなヨイショ記事なんて削除しようかとも思うのですが、後の時代から振り返って、昔、こんな変わったサービスがあって、例えば週刊金曜日や週末起業大学なども入っていたんだ、と振り返る資料的価値もあるだろう、と思って、恥をさらすようですが、あえて削除せずに残しております。
Posted by 荒馬紹介 at 2012年09月05日 21:31
私がイーモールゼロのアフィリエイトを始めたのは2005年だったと思いますが、その頃は多い時で月に5万〜6万円の報酬がありました。しかし、それから2〜3年で報酬が得られない状態になりましたから、イーモールゼロの黄金時代は2000年から2005年あたりまでだったのではないかと想像しています。
Posted by EMZSHOP at 2013年03月09日 14:36
月に5〜6万円の報酬ですか!?すごい!
今はともかく、昔はそれだけ勢いがあったということなのですね。
だから仕組み的には優れたところがあったのではないでしょうか。
それが何で後発の各社に追い越されて廃墟・残骸となってしまったのか、総括がほしいところです。
Posted by 荒馬紹介 at 2013年03月09日 22:21
荒馬様、お返事ありがとうございます。
月5万〜6万円というのは飽くまでも多い時であって、平均だと月2万円くらいではなかったかと思います。イーモールゼロももう少し工夫すれば、後発各社に追い越されることもなかったのではないかと思われるだけに、残念な気がしますね。
Posted by EMZSHOP at 2013年03月10日 19:53
月2万円でもすごい!私などの弱小サイトでは、全てのアフィリエイトを合わせても月20円あるかないかのレベルですから。
本当に、イーモールゼロもいい所あったんだから、もう少し工夫すれば廃墟・残骸にならなかったのではないでしょうか。本当に残念ですね。
Posted by 荒馬紹介 at 2013年03月10日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37690328

この記事へのトラックバック