2015年03月08日

軍師入門!現代の兵法書 仕事が活きる 男の風水

仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100) -  仕事が活きる 男の風水 (祥伝社新書 100) -
「氣」の流れに乗れば
仕事がはかどる!
社運が開ける!
 諸葛孔明や山本勘助も知っていた
「攻め」の風水(帯より)


 本来、風水とは、軍事や政策決定に使われてきたもの、戦う人間が使うものだったといいます。


「現代の日本では風水は、西に黄色いものを置いたり、黄色い財布を持てば金軍が上がる、といった類のお手軽なインテリア開運術という認識が広まっており、男にとって知的興味の対象には成り得ない占いの一種である。
 ところが経営者や男性を対象とした講演会やセミナーで私が風水の話をすると、ほとんどの男性が身を乗り出し、真剣に話を聞いてくる。風水に対する認識がそれまで抱いてきたものと大きく変わるからである。」


「生年月日や方位を気にしたのも、金運や恋愛などのためではないのである。」


「元来、風水や占いは女性よりも、むしろ男性に活用されることのほうが圧倒的に多かったのである。(略)風水、占いが彼らの命運を左右するものだったのだ。」

  
 風水に関するハウツー書というと、ああすれば良い、こうすれば良い、と結論だけ書かれて、理論や過程が書かれていないのが薄っぺらくて物足りないところでした。
 ところが本書は、上に引用したように、男性向けの教養書として、いわば風水という中国の思想を解説した書。非常に読みでがあって密度が濃い本です。

続きを読む
ラベル:金寄靖水 風水
posted by 荒馬紹介 at 20:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

タロット・セラピー 占い師の認定模擬試験としても

元気になれる癒しの占い タロット・セラピー (ラセ) -
元気になれる癒しの占い タロット・セラピー (ラセ) -


「霞仙女さんは、タロットを通じて、相談者が心の問題を克服し、幸せを自らの手でつかむべく促すタロット占い師です」
(タロット研究家 井上教子 帯より)


タロット・セラピーとは、
「占い」+「カウンセリング」=「健康」
になるものであり、心も体も社会的関係もバランスがとれて元気に過ごすためにとても効果的なものなのです。
(著者前書きより)

続きを読む
ラベル:占い タロット
posted by 荒馬紹介 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

未(ひつじ)の時代の運命盤 陰陽六行自然学が導く

 1998年から2009年の12年間は大運午の時代であり、2010年から2021年の12年間は大運未の時代だという。
 何のことかと思うと、陰陽六行自然学だそうです。


未(ひつじ)の時代の運命盤 陰陽六行自然学が導く 144年ぶりに巡ってきた「破壊と変革」の時代を生き残る法 -
未(ひつじ)の時代の運命盤 陰陽六行自然学が導く 144年ぶりに巡ってきた「破壊と変革」の時代を生き残る法 -

続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 21:27| Comment(1) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

日本手相能力検定 というのがあったのか






       
資格マニアのページブログ お好み焼き検定で 349個目、挑戦と挫折の記録
 手相能力検定に挑戦
  http://blog.goo.ne.jp/kamii05/e/3a94499fc88668bcfae15b940c72ac32
べんちゃんブログ
 第1回日本手相能力検定のご紹介!
  http://blog.livedoor.jp/tsutomu2005/archives/52140558.html
「運」をデザインする。
 日本手相能力検定
  http://yamamotomasayuki.com/2014/11/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%89%8B%E7%9B%B8%E8%83%BD%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E5%AE%9A/

ラベル:手相
posted by 荒馬紹介 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

恐怖の男というより、狂気(凶器)の男だけど



宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ -
宇宙からの大予言―迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ - 続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする