2014年02月11日

大川恒平師の手相学

 手相について考える際、大川恒平師の手相学は、独自の地位を保っているでしょう。
 師は、手の平の線の流れを、


生命線(生産線)→健康線(肝臓線)→感情線(心情線)→頭脳線(知動線)


の順に流れていると考え、これはすなわち、人間が外部から酸素・栄養素を取り入れ、消費していく過程を表している、という仮説を立てられました。
 一方、運命線・太陽線・向上線など、後から現れる線は、後天的な精神・頭脳活動を表す、としています。
 また、独自の研究の結果、手の平の部位は大脳地図と対応していると発見され、対応図も掲載されています。
 師は、生物学に基づく新しい手相学を「科学的手相学」として発足されました。


「この新しい手相学はまだ出発したばかりで、まだまだ完全なものではありません。大方のご声援のあらんことを。」
続きを読む
ラベル:大川恒平 手相
posted by 荒馬紹介 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

人相学で地震予知!?南海トラフ

 先日、週刊現代を立ち読みしたら、嫌な記事が載っていました。
 2011年3月11日の東日本大震災を予言したというアメリカの予言者が、9月か10月に大阪で大地震が来る、と予言しているという記事。
 私はこの予言者も知らないし、東日本大震災を予言していたということも知らなかったのですが、有名な方なんでしょうか?
  続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

うらない街道手相入門



     
岩佐泰延の占い入門」と同じく、岩佐師の占いに関する随筆やら占例やら占いの基礎講座まで多彩な内容。
 表紙・裏表紙と本文冒頭に計3枚の写真が掲載されています。岩佐師のお仕事の様子が伺える、貴重な資料ですね。
   
 表紙は、大道易学六魔における呼び込み・客寄せの場面でしょうか。
 今はこういったことをされる方は少なくなっているので、滅多に見られない場面ではないでしょうか。
 裏表紙は、街占のシーンでしょうか。筮竹と算木が見えますね。
 一般的な街占のイメージそのものの光景ですが、意外とこのような典型的な街占を見ることも少なくなっているのではないでしょうか。特に、筮竹や算木を使われる方も少なくなっているようですし。
  
 本文冒頭に掲載されている写真は、顔の絵や十二支の絵を前に岩佐師が説明をしているシーンです。
 これも現在ほとんど見ることのできない大道易六魔の様子ですね。
「大道易学六魔」は、庶民の間に伝わってきた伝統芸能なのです。
 継承していきたいですね。
 現在演じている方はあまりいないのですが、意外と需要あるのではないでしょうか?
 
……というように本書は、現在忘れられつつある大道易学六魔の片鱗が伺える、貴重な資料なのです。
  続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(3) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

キセキの手相術―一瞬で未来がわかる


     
 手相の解説コーナーと、
 著者の福田隆昭師が語る開運のコツなどの人生訓コーナーで構成されています。
 後者が、福田師の占術の知識と人生経験がにじみ出ていて明快で含蓄あって良かった。
    
沖縄の父 キセキの人生開運術―迷えるあなたの悩みをズバリ解決!
も拝読したくなりました。
     

続きを読む
ラベル:手相
posted by 荒馬紹介 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

心易占い開運秘法 時計で易占い


         
筮竹もサイコロも使わないで、時計があればいつでもどこでも占える
……という易占いの書。
アナログの腕時計の短針 長針 秒針 の位置で内卦・外卦・爻変(動爻)が決定するというもの。
確かにこれならアナログ時計があれば占えます。
                 
著者の波木星龍師は、実際にこの方法でズバズバ的中させておられるようです。
読者の生活に実際に役に立つ占いの書を著すという著者の姿勢は立派です。
占いの書にはわざと間違ったことを少し入れておく、間違いに引っ掛かった人を見つけてあざ笑っている、なんて悪質なことをしたり顔で偉そうに大家ぶって書いている変な人もいることを思えば、非常に良心的ですね。
                
良心的に秘伝の占法を公開されたプロに一素人が物申すのもおこがましいのですが、少々疑問に思うところがあります。
               
短針の変化は長いスパンなのだから、同じような時間帯に占えば、高い確率で同じ内卦の卦が出ることにならないでしょうか。
例えば一日を決まったパターンで過ごしている人なら、同じような時間帯で卦を出すと、同じ内卦が出てしまいます。
(勤め人が昼休みに占うなど)
プロの占い師が店を出して鑑定している時間帯も大体同じことが多いので、この方法を使うと、出てくる卦も限られてくるのではないでしょうか。
              
しかし、実際に試しもしないであら捜しするのも失礼なことですね。
疑問に思う前にまずやってみるのが大切なことです。
よく成功哲学の本で書かれていますが、
「アドバイスを実行する前にできない言い訳をする」
のが成功できない人の典型例です。
それが、
「講師や著者になる人と、いつまでも聴衆や読者でいる人との違い」
「名鑑定家になる人と、いつまでも占いの本の読者でいる人との違い」
なのでしょう。
      
プライベートな時間で咄嗟の時に占うには、覚えていて損はない方法だと思います。
例えば、留守番電話に入っていたメッセージの内容を、かかってきた時間を卦に直して想像してみるのも勉強になりそうです。
(その場合はアナログ方式より、デジタルの数値を八払いで卦に直す方が直接的ですね)
        
本書では易卦の説明が、「恋愛」「相性と結婚」「仕事と金運」にポイントを当てて詳しく説明されています。
道具を使って易占をする際にも本書の解説が役に立ちそうです。
しかしサイコロや筮竹、カードやコインがなくても占えるのは便利ですね。
梅花心易を学びたくなりました。
        
続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする