2010年01月12日

六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編

 最近、易について勉強してきた。
 六十四卦は人生や社会状況の森羅万象にあてはめることができると言われているが、これをファーストガンダムに当てはめるとどうなるか考えるのは楽しい。
 
 例えば、ガルマ・ザビが登場して戦死してからギレン・ザビが追悼演説をするまでを卦で表すと……。
 
第6話「ガルマ出撃す」
 →28 沢風大過(責任が大きすぎて実力が着いていかない)
 
第10話「ガルマ散る」
 →29 坎為水(前門の狼・後門の虎。危険な状態。)

第11話「イセリナ恋のあと」
 →52 艮為山 (下手に動かず静かに留まるべき)

第12話「ジオンの脅威」
 →50 火風鼎 (訪れた危機も三人の兄弟が結束すれば問題ない)
 →51 震為雷  (危機が訪れても長男がしっかりと祭祀を行って被害を最小限に留めた)
 
……というところじゃ。
 易初心者なのでおかしなところもあるかも知れんが、初心者だからこそできる蛮勇かも知れん。この調子で六十四卦をファーストガンダムに当てはめていくつもりじゃ。もう半分ほど完成しておる。パズルのようで楽しいのう。
 
 完成したらメルマガにして1つづつ発表していきたい。
 わしの天中殺(子丑天中殺)が明ける2月4日以降にメルマガを創刊するつもりじゃ。
 専門のブログを作成したので、以後はそちらのブログで。
 
 ※易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編
    http://iching.seesaa.net/
















メルマガ登録・解除
易経六十四卦イメージ記憶法 ガンダム編







  
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ



 ↑メルマガ登録申請が通ったぞ! わしは今、天中殺がもう少しで終わるところじゃ。メルマガの創刊号の発行は、天中殺が明ける2月4日からにする予定じゃ。
 
六十四卦
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%8D%81%E5%9B%9B%E5%8D%A6
周易
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%98%93
易経
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%93%E7%B5%8C
 
サブリミナルで速読マスターしてお金持ちに!
 ミリオネア・マインド・セット@マインドセット研究会
  http://yorodzu.seesaa.net/article/137123592.html
  
続きを読む
ラベル:ガンダム
posted by 荒馬紹介 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

すぐに役立つ銭流なるほど手相術 文字が多い上級・実践版



 図版が少なく、細かい字がぎっしりと詰まった文字中心の手相の本。
 著者・銭天牛師が長年実際に手相を鑑定してきた経験や考察などがたっぷりと書かれていて非常に勉強になるのう。
 手相を勉強するには、図中心の入門書を数冊読んだ後は実際の手を読みながらこういった実際の鑑定例や経験談が書かれた本を読むのがいい。
 健康線や二重生命線など、一般的に普及している意味とは違った解釈が述べられている。本当に健康線の解釈は難しいのう。
 
「手相の記述はむしろ詩のように理解しなければならない」
 
という記述がある。
 銭天牛師は小説家やライターとしても活躍していたようで、本書でも詩のような表現が随所に見られる。
「後記に代えて」の最後に掲載された詩もいいのう。
 
 1989年初版の本であるが、銭天牛師が以前に出された著書の原稿をもとにしているようじゃ。
 8ページの分量の「後記に代えて」は非常に密度が濃い。この部分だけでも読む価値がある。
 1994年の藤田小女姫殺害事件や1995年の阪神・淡路大震災なども触れられていて、その後の時代を一気に駆け抜けている。
 
 アメリカのカール・セーガン(科学政治屋だとか政府予算のブン取り屋だと書かれている)に発する占いの科学的研究事件が日本に波及してTV局が始めた反・占いキャンペーンで銭天牛師が矢面に立って戦った事件についても触れられている。こんなことがあったんじゃのう。こういった先人の活躍があってこそ現在の運命研究がある。運命研究に携わる者にとって知っておくべき歴史じゃ。
(アメリカのカール・セーガン達が行った研究の結果、占いは科学的に正しいという結論が出たがセーガンが別の報告をでっち上げて報告、研究に携わった科学者達が怒ったという。
 ネット上を検索してみたところ、このいきさつについて書かれたサイトを見つけることはできず、セーガン博士を褒め称えるサイトばかり出てくる。
 一体どんないきさつがあったんじゃろうか。科学と運命学研究の歴史上、忘れ去られたようになっている事件じゃが、もっと知られる必要があるのう。
 当時のいきさつについて知っておられる方の情報求む。)

  
銭天牛サイト http://members3.jcom.home.ne.jp/senn-jr-bass/
 
続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

くちこみっ! 占い師SP フジテレビ まるで霊感か超能力!

 09年9月17日(木)に放送された
「くちこみっ! 占い師SP」
はすごかったのう。
 
 試しに占ってもらったレポーターが驚いて泣き出すくらい的中しておったぞい。
 手相で見る方など、どんな風にすればここまで読み取れるのかと驚くほど詳しく情報を読み取っておられた。
 実はわしも手相の初歩を習ったことがあり、その後も手相の本を読んだりして勉強を続けているが、一体どんな線をどう読めばこんな解釈ができるんだろうと想像もつかない不可解さである。秘伝中の秘伝とでもいう技術じゃろう。
 
 それから思ったのは、タロット占いの際のカメラアングル。勉強のために配置を見たかったんじゃが、出たカードが画面に映らないように配慮されていた。タロットに知識のある視聴者が色々別の解釈をしたりすることを防ぐためか?やはりカードの解釈は占った人自身が行うということか。
 ただ一つ紹介された例が、「悪魔」のカードが不倫の際に腐れ縁で別れない二人を表しているという解釈。なるほど、そう解釈するのか。
……とこれだけで感心しているようじゃわしもまだまだスタートラインにも立てんレベルじゃ。
 
 しかしあそこまで詳しく鑑定するには、本人のたゆまぬ研鑽と経験はもちろんのこと、やはりあそこまでリーディングするには霊感がないと無理ではないかと思ってしまうのう。
 ただもう感心するばかりじゃ。わしもぜひ一度鑑定して頂きたいもんじゃ。
    



  続きを読む
ラベル:占い 手相
posted by 荒馬紹介 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(7) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

『冬のソナタ』の占星学(算命学)

「冬のソナタ」の占星学―これを読めばあなたの星が分かる!! -
「冬のソナタ」の占星学―これを読めばあなたの星が分かる!! -
   
「冬のソナタ」を3倍楽しむ占星学
大ブームの韓国ドラマ。「純愛」をテーマに揺れる女ごころ。若い男女をめぐる数奇な運命。
いま、明かされる「冬ソナ」キャスト4人の不思議な関係!

  
 数年前大ブームになったドラマ『冬のソナタ』の役者さんを占星学で分析した本。
 占星学といっても、ここで使われている占星学は西洋占星術ではなく、“中国占星術”とも言われることもある“算命学”である。
 続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 18:18| Comment(1) | TrackBack(4) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

金星環(金星帯)=特殊技能線?

 島田秀平師が“エロ線”と名づけてブレイクした金星環(金星帯)じゃが、これは実は“特殊技能線”だ、という説も出てきたので全国の金星環マニアのためにここに紹介しておく。
 
【特殊技能線のみかた】一芸にひいでる
 
 このすじは、ふつう金星帯といいますが、一芸にひいでる可能性をあらわしますから、特殊技能線というほうがいいでしょう。
 
●くっきりした線●
 なにかの技能、または芸能で、身をたてられる素質があることをあらわします。
 
●切れている線●
 技能や芸能を、人なみにはできますが、ぬきんでることはありません。器用貧乏の相です。
 
続きを読む
posted by 荒馬紹介 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする