2024年05月12日

佐藤さんが増えていくらしい




創刊11年!超ローカルミニコミ/夫婦同姓は「日本の伝統」と言えない
  https://yorodzu.seesaa.net/article/482437354.html

“坂本龍馬”は生きている!但し同姓同名/『日本の星名事典』
  https://yorodzu.seesaa.net/article/463186946.html

難読姓の研究/怪奇現象くらい、なんですかそんなこと!/霊感商法のトリック
  https://yorodzu.seesaa.net/article/491638413.html

蟻通神社の由来
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2024/01/08/090652

珍名「七五三掛」/朝日書評欄で横尾忠則さんが「画評」
  https://yorodzu.seesaa.net/article/473109632.html


11月8日は「X線」の日フッフ〜
/冬限定の和歌山名物 いも膳の担々麺/タナカヒロカズさん集まれ
  https://yorodzu.seesaa.net/article/454754944.html

[wikipedia:田中宏和運動]


少年少女・ネタバレSALONO(ネタバレ注意!)
『模倣の殺意』中町信 ネタバレ検討会
  https://sfklubo.blog.jp/archives/12884356.html



続きを読む
posted by 三丁目の書生 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『乱歩殺人事件 「悪霊」ふたたび』 芦辺拓・江戸川乱歩

『乱歩殺人事件 「悪霊」ふたたび』
 芦辺拓、江戸川乱歩〈著〉 KADOKAWA
 https://www.asahi.com/articles/DA3S15893519.html

書き継ぎし 未完の大探偵小説
 https://book.asahi.com/article/15206989

>ポーの「灯台」など未完小説を後の作家が書き継いだ例はあるが、本書はさらに乱歩の宣言の裏にある「中断せざるを得なかった真の理由」にまで踏み込み推理する。そのために芦辺氏は本書後半で連載当時の乱歩を登場させ彼の身に何が起こったのかをつづる。

>殺人現場に残された奇妙な記号、真犯人、未完の理由。90年前に乱歩が残した謎を偏執狂的に回収していく芦辺氏の筆には、巨匠への愛がにじむ。


未完の書評を編集者が書き継ぐ!横尾先生今回もまた面白い趣向。
前半の横尾先生の文体も面白い。戦前の大衆文学の文体というのか。この文体をマスターしたいと思っている。


横尾忠則先生の芸術的書評シリーズ
  https://yorodzu.seesaa.net/article/500653353.html


続きを読む
posted by 三丁目の書生 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起動するアプリの既定の設定の変更方法




こういうことも検索すると分かります。




続きを読む
ラベル:調べもの
posted by 三丁目の書生 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする