2024年05月18日

光る君へ19 放たれた矢 権力・人事・人脈・派閥 私の苦手な世界だ

大河ドラマ 光る君へ 紫式部とその時代 (TJMOOK) - 倉本 一宏
  大河ドラマ 光る君へ 紫式部とその時代 (TJMOOK) - 倉本 一宏

#光る君へ19 放たれた矢


続きを読む
posted by 三丁目の書生 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 63光る君へ24 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『手塚治虫の歴史教室』手塚治虫入門兼歴史入門書

『手塚治虫の歴史教室』 手塚治虫〈著〉 三浦佑之〈解説〉 いそっぷ社
 https://www.asahi.com/articles/DA3S15888235.html

7作品に浮かぶ歴史観
 https://book.asahi.com/article/15199983

>一方で読者は手塚が古今東西さまざまな人々を描きつつも、常に国家や権力に虐げられる弱者から物語を紡いでいると気づくだろう。変わる歴史観と変わってはならぬ歴史観、その双方について学ぶきっかけともなる一冊である


OLDIES 三丁目のブログ
 まんがアトム博士の原子物理学探検 飯野睦毅 東陽出版
  シリーズ中断が惜しい
   https://diletanto.hateblo.jp/entry/2020/02/04/195929

続きを読む
posted by 三丁目の書生 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻真先先生による鳥山明追悼



これでもか、ベスト尽くす職人 鳥山明さんを悼む
 作家・脚本家、辻真先

 https://www.asahi.com/articles/DA3S15885530.html

>ホテルに缶詰めにされ剣と魔法のファンタジーを1冊書き下ろすはずが、急きょ「アラレちゃんを小説にして」と言われた。手元に原作もなく5日で書いたそのノベライズが辻真先史上最高部数。随分長く小説を書いているのに、いまだに破ることが出来ない。あの時のアラレちゃんの勢いはすごかった。


私がマンガやアニメを見るのをやめてしまった頃がちょうどアラレちゃんブームの頃だった。だからアラレちゃんもドラゴンボールも知らないのだ。私はサブカルの基礎知識を欠いているのである。


[wikipedia:鳥山明]
[wikipedia:辻真先]



続きを読む
posted by 三丁目の書生 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 覚え書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする