2024年05月03日

『アガサ・クリスティー とらえどころのないミステリの女王』 ルーシー・ワースリー 大友香奈子訳 原書房

アガサ・クリスティー とらえどころのないミステリの女王 - ルーシー・ワースリー, 大友 香奈子
アガサ・クリスティー とらえどころのないミステリの女王 - ルーシー・ワースリー, 大友 香奈子

『アガサ・クリスティー とらえどころのないミステリの女王』
 ルーシー・ワースリー
  https://www.asahi.com/articles/DA3S15871185.html

慎重に語り直された作家の一生
  https://book.asahi.com/article/15176770


>一九七六年に八十五歳で幕を下ろした彼女の人生は、世界の歴史上はじめて女性が解放されていった、二十世紀を映す。しかしこれまでは、主に男性的な視点で物されてきた

>とりわけ大スキャンダルとなった有名な失踪事件は、不倫した夫を困らせるために、故意でやったことだと広められてしまう。ミステリーの女王といえど、二十世紀はまだまだ、女の証言は信じてもらえなかった


※自分が読んだ本の感想ではなく、新聞などの書評記事のメモを記すカテゴリーです。




posted by 三丁目の書生 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック